芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、DMAT指定病院、地域がん診療病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。

ご来院の方へ

院内感染対策について

院内感染対策指針

 芳賀赤十字病院(以下「病院」という。)は、病院の理念に基づき、患者様及び職員に、適切かつ安全で質の高い医療環境を提供するため、院内感染防止および感染制御の対策に取り組むため下記に掲げる基本的な事項を定めています。

1.院内感染対策に関する基本的な考え方

 院内感染の予防及び感染症発生時に迅速かつ適正な対応を図るため、2017年4月に病院長直轄の部署として感染管理室が設置されました。月1回の院内感染予防対策委員会を開催し、院内感染予防対策を検討したり、マニュアルの改訂などを行っています。

2.院内感染予防対策委員会

 委員は職種横断的に各部署の代表が集まり構成されています。院内感染対策に関する問題点を把握し改善策を講じる等、感染対策活動を担っています。
 また、職員や近隣医療施設の方々を対象として、院内感染対策に関する研修会を開催し感染予防に努めています。

主な活動

・院内感染の予防
・院内感染予防対策についての教育活動
・院内感染予防に関する情報収集
・院内感染源及び感染経路の調査等
・感染防止対策地域連携
・その他、院内感染予防に関すること

ICT(Infection Control Team:感染対策チーム)

 ICTは院内感染予防対策委員会のもと感染症から患者様や職員の安全を守るため、感染症専門医とインフェクションコントロールドクターの資格を持つ医師3名、感染制御認定薬剤師、臨床検査技師、感染管理認定看護師で構成され、感染対策の実践的な活動を行っています。

主な活動

 ・医療関連感染サーベイランス
 ・抗菌薬適正使用の推進
 ・定期的なラウンドの実施
 ・アウトブレイクの防止と発生時の早期特定及び制圧
 ・感染防止対策地域連携
 ・職員の教育  

ICTの活動

1. 医療関連感染サーベイランス・抗菌薬適正使用の推進
 細菌検査室と協力し、各種耐性菌や医療関連感染状況について把握し介入を行っています。また、細菌検査データを活用し、抗菌薬の適正使用を推進しています。

2. 定期的なラウンドの実施
 チェックリストに基づき感染防止対策が徹底できているかを確認しています。ラウンド後、報告書を作成し感染防止対策の周知に努めています。

3. アウトブレイクの防止と発生時の早期特定及び制圧
 アウトブレイクが疑われる場合、速やかに現場の状況を調査し適切な対策を講じて感染拡大の防止に努めています。

4. 感染防止対策地域連携
 県内の病院と連携を結び、合同カンファレンス・相互ラウンドを実施し、情報の共有化をしています。

5. 職員の教育

▲感染症に関する勉強会

▲感染症に関する勉強会

▲N95マスクのフィットテスト

▲正しい防護服の着脱方法の研修(N95マスクのフィットテスト)

▲新型インフルエンザに備え個人防護具着脱練習

▲新型インフルエンザに備え個人防護具着脱練習

▲新人研修(実技講習会)

▲新人研修(実技講習会)

6. 外来を受診する患者さまへ
 当院では、咳エチケットを励行しています。咳・くしゃみなどの症状があるときは、マスク着用にご協力ください。

6. 面会の皆様へ
 入院中の患者様等は、感染症に対する抵抗力が低下しており重症化する可能性があります。面会の際には、必ずマスク着用・手指消毒をお願いします。
 また、感染症流行時には、ポスターの掲示・院内アナウンス・面会制限を行い院内感染予防対策に努めています。
 皆様のご協力をお願いします。

芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院・DMAT指定病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。