芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、DMAT指定病院、地域がん診療病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。

部門紹介

薬剤部

業務内容

調剤

外来および入院患者さまのお薬を調剤しています。
処方内容に疑問がある場合、薬剤師が医師に問い合わせを行い、確認しています。
お薬の飲み合わせについては、コンピュータを利用したチェックも行っています。
病歴やお薬の情報が患者さまの手元に残るよう薬剤情報提供書を配布しています。

 製剤

特殊製剤をはじめとした院内製剤の調整や、院内消毒薬等の調整を行っています。

医薬品情報管理

医薬品に関する情報の収集や評価を行い、医療スタッフに情報提供しています。より有効で安全な薬物療法が実施されるよう努めています。

 医薬品管理

患者さま一人ひとりの注射薬を処方内容に従って正確に取り揃えています。配合変化や相互作用等をコンピュータを利用してチェックしています。また、輸血用血液製剤、外来・手術部・病棟の注薬や外用薬等の管理を行っています。

臨床試験管理

臨床試験段階のくすり(治験薬)の管理を行っています。

入院患者さまへの服薬指導

患者さまが、自分の服用しているお薬や軟膏、点眼薬、注射など安心して使用いただけるように、パンフレット配布し一緒に勉強をしていきます。また、糖尿病教育入院において、専門の薬剤師が患者さまに、わかりやすく、丁寧にお薬の説明を行っていきます。

 

 

芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院・DMAT指定病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。