芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、DMAT指定病院、地域がん診療病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。

部門紹介

基本理念・看護部長あいさつ

看護部基本理念

赤十字精神に基づいて、
人々の苦痛の軽減と疾病予防のために、
時代の変化や対象のニーズに合った
質の高い看護を提供します。

基本方針

  1. 看護部門の役割と機能を十分発揮し、患者さま第一に考えた看護を提供します。
  2. 看護職員個々の能力を開発し、専門職業人としての自己実現を目指します。
  3. 継続的・個別的な看護サービスを通して地域住民の二一ズに応じた在宅支援を致します。
  4. 臨床の場を提供し、保健・医療・福祉を担う人材育成に努めます。

 

看護部長あいさつ

 看護部長 河原 美智子

kangobutyou_photo 平成25年4月より、看護部長となりました河原 美智子です。どうぞ、宜しくお願いします。芳賀赤十字病院看護部では、人材育成に力を入れています。それは、“組織は人なり”というように人材が“人財”となり組織に貢献できるからです。 よって、赤十字キャリア開発ラダーを基に、それぞれのキャリアレベルに合わせた院内研修を企画し、看護師育成に取り組んでいます。また、キャリアアップに向けた研修参加に対し、支援体制を図っています。

 看護師となってから自己啓発に取り組む看護師が多く、現在8領域における認定看護師や、その他、呼吸療養指導士、糖尿病療養指導士、思春期保健相談士が活動しています。それぞれの知識と技術を活かし、看護外来を開催するなど臨床現場で活躍しております。ワークライフバランスの観点からは、育児支援(部分休業、育児短時間)制度を取り入れ、働きやすい職場環境を整備しています。

 “患者さま本位の医療を心とします”という病院理念を基に、地域の人々から信頼される看護部づくりを目指しております。

芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院・DMAT指定病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。