芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、DMAT指定病院、地域がん診療病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。

部門紹介

基本理念・看護部長あいさつ

看護部基本理念

 赤十字精神に基づいて、人々の苦痛の軽減と疾病予防のために、時代の変化や対象のニーズに合った質の高い看護を提供します。

基本方針

  1. 看護部門の役割と機能を十分発揮し、患者に寄り添える看護を提供します。
  2. 常に興味・探究心を持ち、専門職業人として自己研鑽に努めます。
  3. 継続的・個別的な看護サービスを通し、地域住民が地域で暮らせる支援を行います。
  4. 赤十字職員として誇りを持ち、常に想像力を働かせて行動します。

 

看護部長あいさつ

 看護部長 河原 美智子

「地域に貢献する病院」という病院理念の基、地域住民が地域で安心して暮らせる支援ができるよう、看護の提供に努めております。

私は、温かでやさしい看護ができるよう、人材育成に力を入れております。“組織は人なり”と言われるように、人材が“人財”となり、活気あふれる組織に成長できるよう、一人ひとりの職員を大切にしております。赤十字キャリア開発ラダーを基に、各職員のレベルに合わせた院内研修を行い、または院外研修にも参加させています。専門職業人としての、自己研鑽ができるよう支援を行っております。更に、認定看護師や専門看護師になるための奨学生制度を整えました。

全ての職員にとってのワークライフバランスのあり方を検討し、有給休暇の取得向上やノー残業ディの取り組みなど成果が出ています。育児支援ばかりでなく、介護支援も充実させ、永く働ける職場環境づくりを目指しております。

病院職員だけでは、地域を支える事は困難です。地域の医療・介護・福祉・行政に関わる多職者と連携を取る必要があります。院外への活動も活発に行い、顔が見えるコミュニケーションづくりに努めています。おかげ様で、少しずつ地域との連携が築けていると感じております。

今後も地域の方々に愛される看護部に成長できるよう、努めて参ります。

芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院・DMAT指定病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。