芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、DMAT指定病院、地域がん診療病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。

お知らせ

【行事食 初午に合わせ「しもつかれ」を提供】

 2月の初午(はつうま)に合わせ、入院患者さんの夕食に行事食「しもつかれ」に「赤飯」を提供しました。
 栃木県では、初午(2月最初のうまの日)の日に、多くの家庭で「しもつかれ」を作る風習があります。しもつかれは、“鬼おろし”という竹でできた目の粗いおろし器でおろした大根やにんじん、鮭の頭などを混ぜて煮込んだ郷土料理。家庭によって味も材料もさまざまといわれ、この時期は家庭だけでなく学校給食などでもおなじみ。春の訪れを感じさせるメニューのひとつです。

H280206_hatuuma_ image

芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院・DMAT指定病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。