芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、DMAT指定病院、地域がん診療病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。

お知らせ

【輸血勉強会を開催】

 2月29日(月)「輸血勉強会」を職員対象に開催、松山智洋血液科部長が「正しい輸血!!」と題する講義を行いました。
 講義では、輸血分類などの基本事項から、輸血の手順遵守の必要性、同種輸血に伴う危険性(異型輸血、血液型不適合、輸血感染症など)について説明。医療従事者の過去の輸血間違え事故(新聞記事)を取り上げ、輸血時の「血液バッグ、交差適合試験適合票、カルテ」3つによる照合が異型輸血事故防止になると唱えました。また、医療従事者は、輸血する際に、血液バッグの外観(バッグ)に破損・変色・凝集塊の有無にも注目すべきであると説明。
 最後に、松山部長は、「血液製剤はドナー(献血者)の善により供給され有限であることから、必要な患者に“最小限かつ安全・適正”に使用されることが必要」と話しました。

H2802_yuketubenkyoukai01

会場のようす

H2802_yuketubenkyoukai02

芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院・DMAT指定病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。