芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、DMAT指定病院、地域がん診療病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。

お知らせ

【備えが大切―院内で「消防訓練」を実施―】

 11月22日(火)、火災発生時に職員が迅速かつ適切な避難誘導や初期消火活動、消防署への通報を円滑に行い、入院患者や来院者の安全確保を図ることを目的に、消防訓練が行われました。 
 今回は、南館4階病棟配膳室からの火災発生を想定(14:00出火)。火災発生の放送が流れると、直ちに初期消火担当の職員らが初期消火を開始。同時に南館各階では、非常階段や非常避難すべり台を使った模擬患者の避難誘導が行われました。また、屋上では芳賀広域消防本部真岡消防署職員が、取り残された模擬患者をはしご車で救助するなど、本番さながらの訓練となりました。
 その後、同消防本部職員による屋外放水や消化器の正しい使用方法の指導も行われ、当院職員が実演。この訓練を通じて、火災発生時の対応方法を学んだのみならず、職員の防火意識の向上にも繋がりました。

△初期消火 消化器や屋内消火栓のホースで放水・消火するようす。

△初期消火 消化器や屋内消火栓のホースで放水・消火するようす。

△消防職員が屋上の要救助者2名(模擬患者2名)をはしご車で救助。

△消防職員が屋上の要救助者2名(模擬患者2名)をはしご車で救助。

△非常避難すべり台での避難。避難者同士が衝突しないよう、「○○病棟から降ります!」などの声かけが大切です。

△非常避難すべり台での避難。避難者同士が衝突しないよう、「○○病棟から降ります!」などの声かけが大切です。

△正しい消化器の使用方法を教わりました。

△正しい消化器の使用方法を教わりました。

 

芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院・DMAT指定病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。