芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、DMAT指定病院、地域がん診療病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。

お知らせ

【新病院起工式で安全祈願~平成31年春開院をめざし、新病院建設着工~】

 2月7日(火)、真岡市中郷萩田土地区画整理地内の新病院移転地で「芳賀赤十字病院移転新築工事 起工式」を開催しました。起工式では、日本赤十字社栃木県支部副支部長をはじめとする来賓および当院関係者、同工事関係者たち総勢80名が出席し、厳粛に執り行われました。

 式では大前神社宮司が工事等の安全成就を祈願し、安田是和病院長が、かけ声と共に盛り砂を3回起こす「鍬入れの儀(斉鍬)」を行いました。また、安田院長は「新病院建設により、病院機能が向上する。『地域に貢献する病院』という病院理念のもと、芳賀地域の医療を支える役割を果たせるようにしていきたい」とあいさつしました。

 工事は2月8日(水)から開始され、22か月の工期を予定。平成30年冬の竣工、平成31年春開院を見込んでいます。

起工式「鍬入れの儀(斉鍬)」安田 是和病院長

起工式のようす(神酒拝戴)

起工式のようす

新病院移転地のようす(H29.2.7現在)

芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院・DMAT指定病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。