芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、DMAT指定病院、地域がん診療病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。

お知らせ

【「第6回小児医療連携の会」を開催】

 4月27日に、不登校をテーマとした「第6回小児医療連携の会」を開催。さまざまな職種の立場から、不登校についての現状報告と、筑波大学人間系障害科学塩川准教授による特別講演を行いました。行政や教育関係者の方々に多く参加していただき、多職種や地域での連携について意見交換をすることができました。
 開催後のアンケートでは、「真岡市における不登校の実態や、心理・医療面から捉えた不登校の話を聞くことができた」「不登校へのアプローチとして、臨機応変に試行錯誤を繰り返しながら関わりを継続していく事が大切」など、多くの学びが得られたという感想が多数寄せられました。

△特別講演「不登校と発達障害」について
筑波大学塩川准教授

△不登校について現状報告①
真岡市教育委員会保坂主事

△不登校について現状報告②
真岡市教育委員会柳室長

△不登校について現状報告③
栃木県県東健康福祉センター稲葉主任

△不登校について現状報告④
芳賀赤十字病院舟山臨床心理士

芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院・DMAT指定病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。