芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、DMAT指定病院、地域がん診療病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。

お知らせ

【星に願いを…☆七夕イベントを開催】

 7月6日(木)、小児科病棟で七夕イベントを開催し、入院中の子供たちが参加しました。
 病棟デイルームに集まった入院中の子供たちは、看護学生自作のアンパンマンの劇を観劇。劇の内容は、アンパンマンが手を洗うことの重要性を伝えるもので、子供たちは興味深々。劇終了後、看護学生から手作りしおりのプレゼントもあり、子供たちはとても嬉しそうでした。
 会場には、素敵な衣装を身にまとった織姫と彦星も現れ、皆で童謡『たなばたさま』を歌唱。また、病棟保育士らと紙コップなどを使った織姫・彦星を制作するなど、楽しい時間を過ごしました。
 また、デイルームに来られない子供たちには、病棟スタッフが各病室を回り、プレゼントを手渡し、記念写真撮影を行いました。
 この日の病院昼食(常食)には、そうめんや七夕ゼリーが提供され、入院中の患者さまにも七夕の雰囲気を感じていただきました。
 皆さまの願いが叶いますように・・・☆

病棟に飾られた笹飾り。みんなの願いが込められています。

看護学生による劇「きれいにしようねみんなの手」披露のようす。

素敵な衣装で登場した織姫(三澤看護師長)と彦星(増田第一小児科医師)。

看護学生から手作りしおりのプレゼント。

病棟スタッフと紙コップを使った織姫と彦星の制作も行いました。

昼食には七夕の由来が書かれたメッセージも添えられました。

芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院・DMAT指定病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。