芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、DMAT指定病院、地域がん診療病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。

お知らせ

臨床研修医通信Vol.11「消化器科系研修~外科②~」

臨床研修医通信Vol.11「消化器科系研修~外科②~」を掲載しました。
バックナンバーは、こちらからご覧ください。

Vol.11「消化器科系研修~外科②~」

研修医 江原 幸康

研修医の重役出勤!?

  朝のカンファレンスは原則・月曜日と木曜日の週に2回。朝のカンファレンスがない日は、毎日8時15分から病棟回診が始まります。朝の手術だと9時入室で10時前くらいに執刀開始ですが、朝回診の終了は9時を過ぎてしまうことが多いため、担当医は回診が終わらなくてもそのまま手術室へ直行します。通常、患者さんを手術室に連れて行くことやその他の雑用は(おそらく大学病院では)研修医の仕事なのかもしれません。

tusin_geka_image

 しかし、指導医からは、病棟業務が疎かにならないよう、外科業務に関係のないことは尽くカットされていました。つまり、朝回診が終わって病棟業務を十分こなせるよう、執刀開始ギリギリまで病棟に残らせてもらい、カルテ書きや可能な限りオーダーを済ませ、そして執刀と同時くらいに手洗いして手術に参加できるように配慮してくださっていました。手術する患者さんに麻酔がかかり終わる頃、遅れて自分が参加するため、麻酔科の先生には「”大先生”の重役出勤」とからかわれていました(笑)。 

新しい経験の連続、選び迷っていたら参加できなくなる

 また、手術に限らずERCPや注腸造影などのイベントが複数並行しており、どれに参加してもいい、という風に言われてもいました。両方参加する、ということが出来ないのが残念ではありますが、無駄な空き時間を過ごすことにはならず、毎日新しいものを経験し続けていきました。

tusin_H2501_2

▲腹腔鏡手術のようす
中央:俵藤 正信手術部長 右端:江原 幸康研修医

芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院・DMAT指定病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。