芳賀赤十字病院は地域医療支援病院・地域周産期母子医療センター・災害拠点病院・DMAT指定病院・地域がん診療病院・臨床研修指定病院に指定されています。

病院案内

病院指標データ(令和元年度)

令和元年度芳賀赤十字病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1618 207 211 328 426 442 1000 1747 1549 551

 【解説】

 上表は年齢(10歳毎)に患者数を集計した表になっています。
 当院は平成31年3月に新病院へ移転し、平成31年度(令和元年度)当院から退院された患者数は、昨年度より1割増加し約8,000名となっております。年齢階級別では70代以上の高齢者が多く、約半数の47.6%を占めています。
 また10歳未満の小児・新生児患者が約20%となっています。
 県東保健医療圏での急性期病院の中核として、救急及び周産期医療など地域医療に対応しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 106 23.49 17.71 5.66 82.67  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 94 14.90 12.58 5.32 71.52  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 87 25.78 20.84 16.09 83.36  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎、限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 79 9.51 9.79 0.00 75.33  
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 56 28.14 16.13 8.93 71.89  
【解説】

 内科各領域(循環器、消化器、神経、腎臓、血液、呼吸器、内分泌)について、それぞれ専門の医師が担当し診療しています。
 高齢化が進む中、平均年齢が70代から80代となっており、「心不全」「誤嚥性肺炎」「脳梗塞」が多く、そのほとんどの患者が救急車等の搬送による緊急での入院となっています。
 また胆管結石など消化器内科において、内視鏡による治療を行っています。

 退院に際し、特に高齢の患者さんについては、施設入所や介護サービスなどを希望される患者・ご家族が多く、医療ソーシャルワーカーを中心とした退院調整部門による多職種で取り組み対応しています。また退院調整には時間を要することから平均在院日数が全国と比較し自院が長くなる傾向にあります。

 
 
小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)副傷病なし 240 6.27 6.19 0.00 1.8  
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 201 6.30 5.73 0.00 1.94  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 188 6.84 5.69 0.00 2.72  
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 187 8.04 6.17 1.60 0  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし

132

8.06 6.64 0.76 3.6  
【解説】

当院は、栃木県県東保険医療圏唯一の小児・新生児病棟を有する病院です。
 上表のとおり・急性気管支炎・肺炎等の下気道炎などの急性疾患の入院患者数が多くなっています。また気管支喘息急性増悪に対応した入院も同様に数多く受け入れており、平均在院日数は6日から8日となっています。
 いずれも県内随一の入院数であり、特に県東保険医療圏の入院治療を要する急性期疾患患者の大半を当院が受入れ、治療にあたっています。
 さらに周産期医療にも力を入れており、新生児集中治療室など、専用病床を12床有しており、地域医療周産期母子医療センターとして、県内各地域から早産児疾患を持った新生児の入院医療に対応しています。

 

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 101 5.69 4.85 0.00 67.94  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 56 7.75 8.89 1.79 75.61  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 11.89 15.02 0.00 72.00  
060335xx0100xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 胆嚢摘出術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 40 8.18 13.85 2.50 73.18  
060040xx02000x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 15.04 15.48 0.00 68.35  
【解説】

当院では、15歳以上の鼠径ヘルニアが最も多い。
 胆嚢結石に対しては患者の負担が少ない腹腔鏡下手術を実施し、1週間弱の平均在院日数となっております。
 また当院は「地域がん診療病院」に指定されており、上表のとおり「結腸・直腸」の大腸の悪性新生物患者も多く受け入れ、その他「胃・肝臓・膵臓」の悪性新生物患者に対する患者を受け入れ手術治療を実施しています。

 

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩・股等 132 35.70 25.94 15.91 82.89  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし 49 30.96 19.40 8.16 77.02  
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり

29

4.79 5.54 0.00 57.93  
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 23 3.43 5.41 0.00 44.17  
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 18 31.89 19.59 22.22 78.00  
【解説】

 高齢化が進む中で、当院の整形外科では「股関節・大腿近位の骨折」の患者が最も多く、人工骨頭挿入術などの手術治療を実施しています。また他部位の骨折患者も多く、いずれも70代以上の高齢者となっています。
 手術後、急性期医療が終了した患者さんは、リハビリテーションが必要な患者が多く、当院では2019年3月の新病院移転の際、在宅復帰に向けた回復期リハビリテーション病棟の病床数を20床から40床に増床し対応しております。
 在宅復帰に向けては、多職種共同で取り組み、治療および管理を行っております。

 
産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 68 10.09 9.71 0.00 45.19  
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(膣部)切除術等 手術・処置等2なし 57 4.88 3.13 0.00 39.32  
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 40 11.35 9.53 0.00 31.83  
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 26 5.81 5.59 0.00 31.04  
120110xx99xx0x 子宮・子宮付属器の炎症性疾患 手術なし 副傷病なし 23 8.52 8.09 0.00 33.87  
【解説】

 当院では、地域周産期母子医療センターとして、積極的に受入れ
 帝王切開術など、胎児異常等のハイリスク症例に対する医療を実施しています。
 また子宮筋腫や子宮頚部高度異形成疾患に対し手術治療を実施しています。

 

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術処置等2なし 副傷病なし 41 20.29 18.81 39.02 67.05  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 8.52 9.67 0.00 74.12  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 5.32 7.34 0.00 69.58  
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上)手術なし 手術処置等2なし 副傷病なし 11 23.73 20.96 45.45 72.82  
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2なし 副傷病なし  
【解説】

 脳神経外科では、脳出血・硬膜下血腫患者を受け入れ手術治療を行っています。
 また外傷性の頭蓋内損傷患者も多く、脳腫瘍患者に対する手術治療も実施しています。

 

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 12 4.58 5.45 0.00 43.50  
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術  
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等  
030428xxxxxxxx 突発性難聴  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎  
【解説】

 急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎疾患などの急性期治療を実施しています。
 また「慢性副鼻腔炎」患者に対し、手術治療を実施しています。

 

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 594 3.00 2.78 0.00 75.71  
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 26 4.08 6.71 0.00 71.65  
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼  
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼  
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし  
【解説】

 眼科では、高齢者に多くみられる「白内障」患者を積極的に受入れ、手術治療を実施しています
 毎月約50(毎週約10名)症例の患者を受け入れており、入院期間は2泊3日の入院となっています。
 また「黄斑」に対する手術も実施しています。

 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 55 5 15 22 30 35 1 8
大腸癌 31 32 28 45 43 1 8
乳癌 1 8
肺癌 1 8
肝癌 11 24 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

【解説】

 上表は、「5大がん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)」について、の初発患者の病期分類による延べ患者数およびの再発患者の延数を示しています。がんの病期分類は、がんの進行・拡がりの程度を意味し、Stage0からStageⅣまでありStageⅣが最も進行していることになります。
 当院は胃がんに次いで、大腸がんや肝がんが多くなっています。
 胃がんについてはStageⅠ(早期胃がん)の症例が最も多い傾向にあり、内視鏡手術による治療を積極的に実施しています。
 また当院は「地域がん診療病院」に指定されており、手術治療だけではなく、化学療法による治療も多数施行しています。

 

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 22 8.86 57.18
中等症 198 16.43 77.29
重症 90 20.08 83.71
超重症 23 27.78 88.43
不明

【解説】

上表は、日本呼吸器学会、成人市中肺炎診療ガイドラインの定義に基づき、肺炎の重症度別に集計しており 市中肺炎の患者さんを対象としています。 (15歳未満の患者・誤嚥性肺炎。インフルエンザ肺炎・ウイルス性肺炎を除く) 軽症患者は比較的年齢が若く50代となっており、平均在院日数も、約9日となっています。 中等症が最も多く、当院に入院された市中肺炎の約60%となっています。平均年齢は80歳となり 高齢者に多く、平均在院日数も約16日と軽症と比較し長くなっています。 重症、超重症患者は約110名と約34%となっており、平均年齢は85歳とこちらも高齢者が多く 平均在院日数も高度な治療を要するため、20日~27日と最も長くなっています。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 192 30.35 75.64 14.57%
その他

【解説】

 脳梗塞で入院された患者さんのほとんどは、発症日から3日以内に入院治療を受けられています。脳梗塞治療では早期に治療を行うことがその後のADL(日常生活動作)に大きな影響を与えます。
 当院では急性期医療が終了した患者さんは、リハビリテーションが必要な患者が多く、回復期リハビリテーション病棟に転棟していただき、総合的なリハビリ、在宅復帰に向けた計画を多職種で取組み、治療管理を行っております。 また転院率が約14%となっていますが、地域連携診療計画書をもとに医療圏内の医療機関とも連携し、総合的な治療管理を行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 61 5.02 12.93 1.64 79.84  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 48 1.19 8.46 0.00 75.54  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 44 3.43 3.41 2.27 75.05  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 43 3.60 6.02 0.00 72.37  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(心安定狭心症) 38 3.70 18.00 2.63 68.84  
【解説】

 消化器領域では、胆管結石性胆嚢炎等に対して、内視鏡治療を実施しています。
 「5大がん」でも記載しているとおり、当院は胃がんについてはStageⅠ(早期胃がん)の症例が最も多い傾向にあり、予定入院にて、入院翌日に、内視鏡手術(早期悪性腫瘍粘膜切除)による治療を実施しており、術後8日と平均在院日数は約9日となっています。
 また、循環器領域においては、急性心筋梗塞・狭心症などの疾患に対し「冠動脈ステント留置術」を実施しており
 24時間体制で対応しています。

 
外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 113 1.43 2.88 0.00 60.65  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 67 1.34 3.61 1.49 59.96  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 44 2.64 12.18 2.27 72.64  
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) 21 3.14 12.86 0.00 77.33  
K6572 胃全摘術(悪性腫瘍手術) 21 2.14 14.76 0.00 72.38  
【解説】

 外科では鼠径ヘルニア手術が最も多く、入院翌日に手術を実施し、術後3日から4日と約5日の入院期間となっています。 胆嚢結石症・胆のう炎に対しても多く手術を実施しており、同様に入院翌日に手術、術後約4日とこちらも約5日間の入院期間となっています。 また当院は「地域がん診療病院」に指定されており、消化器系(胃・大腸)の悪性新生物患者も多く受け入れて手術治療を実施しています。

 
 
整形外科

 

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 111 2.50 30.95 10.81 80.34  
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 39 2.77 34.56 25.64 82.46  
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 33 3.55 41.30 3.03 68.58  
K0732 関節内骨折観血的手術(胸骨、手、足) 21 1.86 6.43 4.76 56.57  
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 18 2.78 12.72 11.11 67.22  
【解説】

 「診断群分類別患者数等」に示しているとおり、当院では高齢化が進む中、「股関節・大腿近位の骨折」患者をはじめ外傷による骨折患者も多く受け入れており、手術治療を実施しております。  手術後、急性期医療が終了した患者さまはリハビリテーションが必要な患者が多く、回復期リハビリテーション病棟に転棟していただき、総合的なリハビリ、在宅復帰に向けた計画を多職種で取組み、治療管理を行っております。

 
産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 71 1.00 8.35 0.00 47.82  
K867 子宮頸部(膣部)切除術 57 1.00 2.88 0.00 39.32  
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 42 5.76 7.90 0.00 33.50  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 36 3.75 8.39 0.00 30.83  
K9091イ 流産手術(妊娠11週までの場合)(手動真空吸引法によるもの) 19 2.05 0.42 0.00 35.74  
【解説】

 子宮頸部異形成や子宮筋腫に対して多くの手術を実施しています。 また帝王切開術による分娩にも対応しています。

 
 
眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 596 1.00 1.00 0.00 75.69  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 30 1.00 2.23 0.00 72.50  
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他)  
K279 硝子体切除術  
K215-2 眼瞼結膜腫瘍手術  
【解説】

 当院では、平成29年度より入院患者の受け入れを開始しました。 昨年度は白内障疾患に対し「水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)」289例の手術を実施しています。 高齢化に伴い、手術対象患者が増加傾向にあります。
 入院期間は、入院翌日に入院・術後翌日に退院と2泊3日で対応しています。

 
脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 26 1.23 9.62 3.85 80.31  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他)  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)  –  
K1781 脳血管内手術(1か所)  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)  
               
【解説】

 当院では、慢性硬膜下血腫患者に対し「血腫穿孔洗浄術」や
 くも膜下出血患者患者に対し「脳動脈瘤頸部クリッピング術」を実施しています。

 
 
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 -%
異なる -%
180010 敗血症 同一 30 0.37
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一 -%
異なる -%
180040 手術・処置等の合併症 同一 20 0.25
異なる  – -% 

 【解説】

 消化管の悪性新生物の術後、白血病の合併症として血液の凝固異常に異常をきたす播種性血管内凝固症候群を起こす場合があります。又様々な感染症から病原菌が血液内に入り、敗血症になることがあります。手術・術後の合併症は、術後の出血があります。

更新履歴

2017.09.29 平成28年度 芳賀赤十字病院 病院指標を公開しました。
2018.09.27 平成29年度 芳賀赤十字病院 病院指標を公開しました。
2019.09.27 平成30年度 芳賀赤十字病院 病院指標を公開しました。
2020.09.30 令和元年度  芳賀赤十字病院 病院指標を公開しました。