芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、DMAT指定病院、地域がん診療病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。

病院案内

病院指標データ

平成27年度 芳賀赤十字 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1524 197 177 298 319 495 1047 1230 1352 452

 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 294 17.73 14.34 14.00% 78.09  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 128 18.70 18.30 8.00% 84.48  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 106 27.13 21.69 28.00% 85.29  

【解説】どの症例も平均年齢が80歳前後となっており、高齢化を反映しております。誤嚥性肺炎では自宅療養が困難なため施設入所を希望される患者様も多く、その調整などから在院日数が長くなっています。


小児科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 350 7.10 5.72 1.00% 2.19  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 262 8.39 6.31 1.00% 4.25  
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 192 6.84 5.54 1.00% 2.10  

【解説】小児急性期疾患を多く受け入れています。この他に地域周産期母子医療センターとして早産児、新生児疾患の入院に対応しています。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x002xx0x 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 定義副傷病名なし 96 5.49 5.14 0.00% 63.89  
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 48 6.83 6.96 0.00% 60.96  
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 41 15.85 17.41 0.00% 72.63  

【解説】鼠頚ヘルニア、胆のう結石に対する手術を多く行っております。在院日数は全国平均よりやや下回り短期間での退院となっております。又大腸をはじめとする消化器の悪性新生物も多く、多岐にわたり治療をおこなってます。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 101 36.97 28.70 69.00% 79.33  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 58 27.02 21.52 17.00% 77.50  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 29 8.34 5.70 1.00% 60.03  

【解説】大腿骨頚部骨折は、術後のリハビリテーションなどで在院日数が長引いておりましたが、回復期リハビリテーション病棟を開設し術後のリハビリテーションを充実させ、在宅復帰を援助できる体制を整えました。


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 41 11.76 11.91 6.00% 75.54  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 18.76 19.32 20.00% 63.84  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 17 4.24 7.52 0.00% 52.94  

【解説】硬膜下血腫の患者さんの入院を多く受入れております。スムーズな在宅復帰ができるよう早期のリハビリーテーションを行い在宅復帰ができるよう支援しております。


産婦人科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 45 10.18 10.18 0.00% 43.69  
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 36 9.97 10.43 0.00% 41.17  
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 32 9.56 9.63 0.00% 31.94  

【解説】子宮筋腫の良性腫瘍摘出や卵巣の良性腫瘍の摘出術を多く行っております。又このほかに地域周産期母子医療センターとしてハイリスク妊娠の分娩も対応しております。


耳鼻咽喉科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 17 5.88 5.53 0.00% 36.12  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 16 6.69 7.76 0.00% 57.56  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 8 7.38 5.31 0.00% 62.00  

【解説】鼻閉や、慢性副鼻腔炎などにたいして鼻内内視鏡手術を積極的に行っております。


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術処置等1あり 68 3.00 2.72 0.00% 72.18  
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 63 2.17 2.89 0.00% 61.65  
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 25 6.56 7.59 0.00% 75.92  

【解説】もっとも多い症例は、前立腺がんの疑いのある場合に行う前立腺針生検です。平成26年度の診療報酬改定により、前立腺針生検の検査入院は、DPC対象となり短期滞在手術基本料で算定しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 46 10 8 9 2 34    
大腸癌 14 37 18 9 8 40    
乳癌 0 0 0 0 2 6    
肺癌 3 4 4 17 32 28    
肝癌 3 0 0 0 1 25    

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

【解説】大腸がんの症例次いで胃がんの症例が多くなっております。当院は平成26年8月より「地域がん診療病院」となっており手術だけではなく、外来化学療法も多数例施行しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0  34 10.88 53.47
重症度 1 68 19.22 79.05
重症度 2 71 18.32 81.17
重症度 3 62 22.19 79.84
重症度 4 53 21.66 87.21
重症度 5  6 20.00  85.33 
不明  0 0.00  0.00 

【解説】重症度が高くなるほ平均年齢が高くなっていることがわかります。超重症の患者さんは死亡退院が多く平均在院日数は短くなっています。高齢の肺炎患者さんは増加しています。大半は誤嚥性肺炎がしめてますが、この指標に誤嚥性肺炎は入っておりません。そのため総数は少なくなっています。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 42 4.67 70.31 1.00%
その他        
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内        
その他        
I63$ 脳梗塞 3日以内 210 24.24 77.10 2.00%
その他 1 16.00 67.00 0.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 3.00 75.00 0.00%
その他        
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 3 8.67 69.67 1.00%
その他        
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 1 2.00 60.00 0.00%
その他 1 9.00 10.00 1.00%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内        
その他        

【解説】脳梗塞では、約9割の患者さんが発症日から3日以内に治療を受けられています。脳梗塞治療では迅速に治療を行うことがその後のADL(日常生活動作)に大きな影響を受けています。脳梗塞の急性期治療が終えた患者さんが在宅に戻り安心して日常生活が送れるよう、回復期病棟を開設しました。又維持期を担う介護施設・療養型病院等とも連携をし、総合的な治療管理を行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 66 3.59 12.17 0.00% 70.53  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 40 3.38 7.00 3.00% 67.13  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 36 4.33 16.28 3.00% 74.17  

【解説】胆石性胆のう炎などに対して行う内視鏡下の胆道ステント留置術などが多くなっております。急性心筋梗塞などの心疾患に対する手術も多くおこなっております。


小児科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 5 5.80 5.60 0.00% 1.00  
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 4 0.00 14.25 1.00% 0.00  
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 3 0.00 10.67 1.00% 0.00  

【解説】地域周産期母子医療センターでは、病的新生児の出産も多くとりあつかっております。アプガースコアの悪い新生児の蘇生を速やかにおこない、児が一日でも早く退院できるよう医療を提供しています。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 117 1.35 3.15 0.00% 56.09  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 66 1.14 4.79 0.00% 60.92  
K672 胆嚢摘出術 63 1.87 10.03 1.00% 70.95  

【解説】ヘルニア手術や腹腔鏡下による胆のう摘出術を多く行っております。大腸をはじめとする消化器の悪性新生物も多く、多岐にわたり手術をおこなっております。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨) 82 6.27 31.67 55.00% 77.79  
K0462 骨折観血的手術(下腿) 52 2.83 18.96 3.00% 56.52  
K0821 人工関節置換術(肩) 43 1.72 23.42 0.00% 72.12  

【解説】平均年齢から高齢者の骨折がおおくいことがわかります。自宅復帰に向け長期のリハビリテーションが必要な場合には後方支援病院に転院の上、リハビリテーションを続けていただいております。


脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 46 1.48 11.50 10.00% 75.57  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 8 0.88 47.00 7.00% 64.50  
K1742 水頭症手術(シャント手術) 6 1.80 45.30 10.00% 71.00  

【解説】外傷による慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術に対して多く洗浄術や血腫除去術を行っております。


産婦人科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 93 3.40 7.90 1.00% 32.90  
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 60 1.02 8.10 0.00% 45.45  
K877 子宮全摘術 46 1.02 8.24 0.00% 48.78  

【解説】卵巣のう腫に対する付属期切除、子宮筋腫に対する子宮全摘出術を多く行っております。また様々な合併を伴ったリスクの高い帝王切開による分娩も多く行っております。


耳鼻咽喉科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 17 1.00 6.76 0.00% 22.76  
K347 鼻中隔矯正術 11 1.00 4.82 0.00% 45.27  
K340-5 内視鏡鼻下・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 11 1.00 5.18 0.00% 56.18  

【解説】小児に対しての睡眠時無呼吸症候群や習慣性扁桃炎、アデノイド切除術を行っております。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 24 1.83 3.46 0.00% 76.13  
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 12 3.50 3.08 0.00% 71.33  
K783-2 経尿道的尿管ステント交換術  8 13.75 5.75 0.00% 58.75  

【解説】鏡視下で行われる侵襲性の低い手術を多く行っております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 7 10.00%
異なる 15 21.00%
180010 敗血症 同一 17 24.00%
異なる 7 10.00%
180035 その他の真菌感染症 同一 1 1.00%
異なる 2 3.00%
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 17.00%
異なる    

 【解説】消化管の悪性新生物の術後、白血病の合併症として血液の凝固異常に異常をきたす播種性血管内凝固症候群を起こす場合があります。又様々な感染症からけつえきが病原菌が血液内に入り、敗血症になることがあります。 その他真菌症は肺真菌症でした。手術・術後の合併症は、内視鏡手術の創部出血が多くありました。

更新履歴

 

 

2016.09.23

 

芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院・DMAT指定病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。