芳賀赤十字病院は地域医療支援病院・地域周産期母子医療センター・災害拠点病院・DMAT指定病院・地域がん診療病院・臨床研修指定病院に指定されています。

病院案内

勤務医等負担軽減検討部会の取組み

医療従事者の負担軽減及び処遇改善の取組み

当院では、医療従事者の業務負担の軽減及び勤務環境改善のため、以下の取り組みを行っております。

【医師の負担軽減にかかる取組み】

1.地域医療機関との連携

・脳卒中地域連携クリティカルパスの運用
・糖尿病連携パスの運用
・がん地域連携パスの導入
・高額医療機器の共同利用
・救急患者受入の外部医療機関及び内部関係部署との連携調整
・診療の事前予約での連絡調整(当院の診療及び他院診療への予約)、転院調整
・紹介状の事務処理と返書の郵送
・地域の医療機関を登録医として連携
・退院先の紹介、患者・家族との相談、がん相談

2.検査業務

・超音波検査の中のスクリーニング検査
・手術中SEP検査への参加
・終夜PSG検査への参加
・外来患者(血液科)輸血時の対応
・T&S申込時の、検査状況(血液型・不規則抗体)、2回目採血の確認
・輸血前感染症検査の実施

3.栄養課業務

・栄養指導のオーダを代行入力
・一般食(常食)の内容や形態
・特別食の食事内容や形態
・経腸栄養療法

4.医療機器管理業務

・医療機器の効率的使用と点検のための中央管理
・人工透析・心臓カテーテル検査等における機器の操作・管理

5.薬剤業務

・薬剤量、使用量、相互作用、配合変化などの処方内容の確認
・抗がん剤の無菌製剤処理、抗がん剤の治療計画書の確認
・入院患者の持参薬の確認(文書管理への記載)
・病棟患者の服薬指導
・新規採用薬剤情報、添付文書改訂情報、副作用情報など医薬品情報集約
・処方の代行入力

6.医師事務補助作業者業務

・各診療科に配置
・書類作成補助
・医師事務作業補助者の業務内容周知

7.看護部

・専任の退院支援看護師と病棟看護師との連携による退院調整
・退院支援

【看護師の負担軽減にかかる取組み】

1.看護補助者クラーク業務
2.看護補助者の活用と業務の見直し
3.介護福祉士の採用
4.夜勤負担の軽減
5.多職種との業務分担