芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、DMAT指定病院、地域がん診療病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。

病院案内

芳賀赤十字病院の特長

 地域医療支援病院  
 地域がん診療病院  栃木県がん治療中核病院
 地域周産期母子医療センター  災害拠点病院・DMAT指定病院

 

地域医療支援病院

平成24年4月27日、栃木県知事から地域医療支援病院に承認されました

地域医療支援病院とは

1)かかりつけ医の支援と機能分化
国では、「医療は患者の身近な地域で提供されることが望ましい」との観点から、かかりつけ医を地域における第一線の医療機関として位置づけ、入院・手術などの設備を有する医療機関との機能分化を図っています。
「地域医療支援病院」とは、平成9 年に創設された制度で、「かかりつけ医」を支援し、地域医療体制の中核を担う病院として、都道府県知事から「地域医療支援病院」の名称使用を承認された医療施設のことです

2)地域医療支援病院の役割
①他の病院や診療所からの紹介患者に対する医療の提供
②病院施設、設備等の共同利用の実施
③救急医療の提供
④地域の医療従事者の資質向上を図るための研修の実施

地域医療支援病院としての今後の取組み

 地域医療支援病院は、「地域医療を支援すること」、「地域に支援されること」の2つを行う病院であると捉えています。これまで以上に救急医療や入院医療の質を高め、地域の皆様により良い医療を提供し、地域の医療機関から安心して患者様をご紹介いただけるよう、また、当院で症状が安定した患者様を紹介元の医療機関やかかりつけ医などへ積極的に逆紹介するよう努めていきます。
 地域の皆様にはなお一層のご理解とご支援をお願いいたします。

地域がん診療病院

 当院は、平成26年8月6付で、厚生労働省より自治医科大学附属病院とのグループ指定による「地域がん診療病院」に指定されました。
 がん対策は、平成19年4月に施行されたがん対策基本法の基本理念にのっとり推進されています。そのなかで、厚生労働省は、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、がん診療連携拠点病院等の整備をすすめてきました。地域がん診療病院には以下の役割があります。

 当院は、上記の地域がん診療病院の役割を担い、グループ指定病院である自治医科大学附属病院と相互に連携し、地域住民の皆さまに質の高いがん医療を提供するようこれからも努力してまいります。
緩和ケア外来のご案内(PDF) 
がん相談パンフレット(PDF)
がん相談支援センターのご案内

 

栃木県がん治療中核病院

平成24年11月21日付で、栃木県より「栃木県がん治療中核病院」に指定されました。

栃木県がん治療中核病院とは

 がん診療機能の充実を図り、患者が身近な環境で質の高いがん医療を受けられるための医療提供体制を推進するため、一定の要件を満たした病院が、「栃木県がん治療中核病院」として栃木県から指定されます。
 当院では、がん診療連携拠点病院や地域の医療機関と連携してがんの専門診療(化学療法や放射線療法、緩和ケアなど)を行うとともに、患者及び家族の不安や悩み等に対応相談するための「相談窓口」として「がん看護相談」を開設しています。また、がんの罹患を把握するための「がん登録」などを行っています。

 

 

地域周産期母子医療センター

 栃木県の地域周産期母子医療センターに指定されています。ハイリスク妊娠の受け入れ病院としての重要な役割を担っており、芳賀医療圏のみならず栃木県内外から多数の母体搬送を受け入れています。

地域周産期母子医療センターとは

 産科及び小児科(新生児医療を担当するもの)等を備え、周産期に係る比較的高度な医療を行うことができる医療施設とされています。芳賀赤十字病院では、産婦人科医と小児科医が連携し、24時間体制で周産期救急医療・新生児療医療に対応しています。

産科母体搬送実績 2010年 2011年 2012年
救急車による緊急母体搬送 45件 51件 53件
救急車によらない緊急母体搬送 16件 28件 18件

地域周産期医療機関搬送受入実績等
H25.1.1現在(実績は各年1月1日~12月31日)

新生児小児科入院件数 2011年 2012年
受入件数 174件 141件
県内医療機関からの依頼 (再掲) 52件 18件
県外医療機関からの依頼 (再掲) 1件 0件

NICUの紹介

syuusanki当院のNICUは、地域周産期母子医療センターとして、主に栃木県芳賀医療圏のハイリスク新生児のケアに当たっています。

■病床数
NICU 6床
GCU 6床

 

 

 

災害拠点病院・DMAT指定病院

DMAT_image 芳賀赤十字病院は、栃木県の災害拠点病院に指定されています。県内外の地震、台風等の自然災害や、航空機、列車事故等の大規模な事故等が発生した場合に、栃木県知事の要請により、被災した地域へDMAT(災害派遣医療チーム)を派遣し、被災地の医療支援を行います。
 DMATは、医師1名・看護師2名・調整員2名を1班とする救護班を2班編成し、災害等に即応できる体制を整えています。

 

 

DMATによる活動

平成25年度内閣府広域医療搬送訓練に参加

平成8月31日(土)大規模災害時における都道府県域を超えた医療救護を目的に政府主催による全国規模の防災訓練「平成25年度内閣府広域医療搬送訓練」が行われ、当院からDMAT(災害派遣医療チーム)5名が参加しました。

Exif_JPEG_PICTUREDMAT_ise2

平成24年度栃木県・烏山市総合防災訓練

DMAT出動実績

東日本大震災(2011.3.11)

発災当日の平成23年3月11日夜、DMAT(医師2名、看護師1名、主事2名)が出動しました。仙台医療センター(宮城県)で救急外来支援任務等を行い、3月13日の夜帰院しました。

shinsai_2

▲全国から参集した救護医療スタッフ

shinsai_1

▲芳賀赤十字病院DMAT

shinsai_4

▲混乱の中で、懸命に救護活動が行われました

shinsai_3

▲仙台医療センターでの救護活動

芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院・DMAT指定病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。