芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院、DMAT指定病院、地域がん診療病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。

部門紹介

歯科口腔外科

診療内容

   koukuugeka_image歯科・口腔外科は歯科的疾患、歯肉、顎骨、舌など口腔内の組織はもちろんですが、その周囲組織である顎・顔面に生じる疾患を対象とします。

 右図は、介護予防の枠組みとしてあげられている項目です。摂食や嚥下など口腔機能を回復することで栄養改善が図れ、咬合できることが転倒を予防し、運動機能の改善に寄与します。味覚や咀嚼などの刺激が認知症の予防、改善に関与し、構音(会話)、顔面表情筋の発達がうつ病や閉じこもりの予防ももたらします。入院中の方の口腔機能の維持・向上を図り、早期離床、早期退院に向けてサポートいたします。

 

 口腔ケア

全身麻酔手術、抗がん剤などの化学療法を受ける患者さん、また嚥下機能が低下した患者さんは口腔内の汚染が誤嚥性肺炎や感染などの合併症を生じることがあるため、口腔ケアの啓発を行っております。

 一般的な歯科診療

歯科疾患は、重度の心疾患や糖尿病などの基礎疾患があり、一般の歯科診療所では難しい全身疾患のある方および入院患者さまなど、院内紹介あるいは他の医療機関様からのご紹介いただいた方が中心になります。通常の歯科診療は不安が強く、精神的苦痛が大きい方、また症状が改善、治癒しない症例もご相談に応じます。精神発達障害など障害者歯科治療は導入療法を用いた外来診療や全身麻酔下での歯科治療も行っています。

 歯および歯周組織疾患

 困難な抜歯、智歯の抜歯、齲歯や歯周病による腫脹、歯性上顎洞炎などの消炎処置、歯原性の嚢胞や腫瘍の摘出などを行っております。必要に応じて全身麻酔下での手術や入院が必要になることもあります。

 口腔粘膜疾患、疼痛性疾患

難治性口内炎、白板症、扁平苔癬などの口腔粘膜疾患や口腔乾燥症(ドライマウス)などの自己免疫性疾患、舌痛症や三叉神経痛、抜歯後の神経障害性疼痛などの口腔、顎顔面の疼痛性疾患などの診断、治療、関連専門医へのコンサルトを行います。

唾液腺疾患

 軟組織にできる嚢胞で最も多いものは口唇の粘液貯留嚢胞で、唾液腺に関連したものです。また顎下腺、耳下腺の急な腫脹と疼痛を伴う唾石症など炎症性疾患をはじめ、唾液腺の嚢胞、腫瘍疾患も扱います。

 腫瘍性疾患

良性腫瘍は周囲組織を温存した手術療法を行い、口腔癌は根治性を高めながら、術後の機能障害を最小限にするようにしております。また高齢者が多いことから各診療科とのチームアプローチを図ります。患者さまのQOL(生活水準)、ご家族のお気持ちに配慮した治療を目指しています。

顎関節疾患

臨床症状、所見やX線で診断し、必要に応じてCT、MRIなどで精査を行います。治療は開閉口運動などの理学療法、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などの薬物療法、各種のスプリントによる保存療法を行います。また適応に応じてパンピングマニピュレーションも行っています。

顎変形症 口唇口蓋裂

口唇裂、顎裂、口蓋裂の合併を唇顎口蓋裂と呼び、日本では約500人に1人の割合で起こるとされています。反対咬合、上顎前突など上下顎骨のアンバランスにより、顎・顔面の機能的、審美的な障害をもたらす疾患です。当科では歯科矯正治療は行っておりませんが、歯科矯正専門施設と綿密な打ち合わせの元、ご紹介いただいた患者さんに下顎枝矢状分割術、上顎骨骨切り術等を行っています。

睡眠時無呼吸障害

内科、耳鼻咽喉などからの依頼で口腔内装置による治療を行っています。口腔内装置は上下顎にマウスピースを装着して、上気道の拡大、解放を維持し、無呼吸の発生を最小限にします。

インプラント治療

一般的なインプラント治療も行っていますが、骨移植、サイナスリフトなどを併用し、咀嚼機能の回復が困難な症例に対する治療も行っております。

 

診療スタッフ

岡田 宗久 (おかだ むねひさ)
役職 歯科口腔外科部長
専門分野  
学会専門医・認定医等 日本口腔外科学会口腔外科専門医
日本口腔外科学会評議員
   
本河 生実 (もとかわ いくみ)
役職 歯科口腔外科医員
   

芳賀赤十字病院は、地域医療支援病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院・DMAT指定病院、栃木県がん治療中核病院・臨床研修指定病院に指定されています。